自賠責保険(じばいせきほけん)

じばいせきほけん
自賠責保険

  1. すべてのバイクに加入が義務付けられている保険
    例:「庭のパッソル、自賠責保険が切れてるよ」


自賠責保険とは、必ず加入しなければならない強制保険の事で、法律で加入を義務付けられています。自賠責保険は事故を起こした相手、つまり「被害者」を救済するための保険で、傷害、後遺症、死亡させた時でも、被害者は自賠責保険から最低限の補償を受ける事ができます。

自賠責保険は常に携帯が義務付けられており、不携帯の場合は罰則を受けます。また、有効期限が切れた状態で走行しても罰則を受けます。

補償してくれるのは「対人」のみです。物を破壊、損傷させた場合の「物損」については、自賠責保険から支払いを受ける事ができません。つまり「物損」に対しては全て自腹になります。

「被害者」に対しての補償は120万円までです。治療費、休業損害、通院費、入院費用などを自賠責保険は120万円までなら被害者に対して支払ってもらえます。しかし、120万円を超えても被害者のケガが治らない場合は全て自腹になってしまいます。

自分の過失が大きい場合は自賠責保険の補償を受けることができない場合があります。また、支払い能力が無い場合は損害賠償の責任が親族にうつる事もあります。