バイクを高く売る方法が分からずに困っていませんか?

ここでは高く売るための5つのコツを具体的にご紹介していきます。

バイクは悩んでいる間に価値が下がってしまう乗り物ですが、どんな状態でも高く売る方法はあるので、ひとつずつ確認していきましょう。

バイクを高く売るなら「5つのコツ」を抑えておくべき

さて以下では、バイクの高額査定を引き出すためのコツを5つに分けてご紹介します。

高く売るためのコツ メリット
買取相場を把握する 妥当な金額でバイクを売却できる
売却のタイミング 通常時よりも高く買取してもらえる
日頃のメンテナンス バイクを高く評価してもらえる
査定士とコミニュケーションをとる 本気の査定をしてくれるようになる
嘘をつかない トラブルを回避できる

また、事故車・不動車のバイク買取であっても、買取業者によっては高価買取につながるケースもあります。

今すぐできることも多いので、さっそく試してみてください。

とにかく高くバイクを売りたいなら「一括査定」がおすすめ

バイク買取業者による一括査定をすることで、各社の査定額を比較した上で売却先を決めることができるので、あなたのバイクを最高額で売却することができます。

バイク比較.comでは、無料で最大6社に査定依頼を送ることができるため、できるだけバイクを高く売りたい人はぜひ利用してみてください。

無料一括査定スタート

まずは一社に査定したいのなら「バイク王」がおすすめ

何社にもバイクの査定の依頼をするのが少し不安だという人は、まずはバイク王に査定依頼を出してみることをおすすめします。

業界ナンバーワンの実績を持ち、丁寧かつ親切な対応がバイク王の強みです。

バイク王の出張査定も無料なので、まずは1社のみに査定したいという人はバイク王へ査定依頼を出してみましょう。

バイク王で無料査定スタート

【買取相場を把握する】「ヤフオク」「メルカリ」「バイク比較.com」から見つける

相場を調べるサイト 相場の調べ方 利用者の平均年齢 売りやすい排気量 売りやすいバイクの状態 注意点
ヤフオク 落札相場の平均 30代~50代 250cc以上 不動車・ノーマル車 利用者の半数が業者なので売却額が妥当か分かりにくい
メルカリ 過去の売却履歴 10代~20代 50cc~250cc 故障車・カスタム車 利用者の年齢が低いため、売却できる上限が15万~20万になる
バイク比較.com 買取相場検索 20代~50代 全排気量 全ての状態 表示される査定額は平均買取額なので現実との差が生じる

まず、「自分のバイクはいったいどれくらいの金額で売れるのか?」という買取相場(自分のバイクの価値)を知っておきましょう。

自分のバイクの買取相場を知っておくことのメリットは、提示された査定額が適正かどうか判断することができるという点です。

すなわち、あなたが納得してバイクを売却する上で買取相場はとても重要な基準値となります。

「ヤフオク」で落札相場を調べる

ヤフオクの「落札相場」を確認しましょう。

落札者の傾向として、年齢が30代~50代の中・大型排気量ユーザーが多く、当てはまる場合は高額買取の可能性が高まります。

また、絶版車やノーマル車の売却率が高く、中には現金200万円で落札されるなどの富裕層が潜在しているのも特徴です。

デメリットとして、落札されたものは必ずしも現金一括支払いではないことです。

中には通信販売業者が販売したローンタイプの落札もあり、相場を探すのに根気が必要な事です。

そして、中には失敗して安く買われてしまったケースもあるため、その相場が妥当か判断するには相応の知識が必要になります。

コツとして、車種や販売者を詳細検索で限定表示すると良いでしょう。

「メルカリ」で過去の売却履歴を調べる

メルカリでは「SOLD」となっているバイクの傾向から、買取相場を確認することができます。

落札者の傾向として、年齢が10代~20代の原付・低排気量ユーザーが多いため、比較的多くの人が当てはまる可能性があります。

また、カスタム車や改造車の売却率が高く、15万円以下の手軽な取引が盛んであるのが特徴です。

デメリットとして、アプリ利用者の年齢が低くクレジットカードの使用も難しいために落札額に限界があることです。

そして、落札者の傾向が「現金で払えるか払えないか」の「現金主義」であるため、相場が妥当であるかは判断が難しい、です。

コツとして詳細検索で表示金額を絞るとより見やすいでしょう。

バイク比較.com」で買取相場を調べる

本サイト内の「買取相場検索」から確認することができます。

買取相場は「業界の需要と地域性」によって実際に50万人が売却して算出されているので、最も信憑性の高いデータと言えます。

また、事故車や故障車、不動車も売却されていて、全輸入車などの外車も含めあらゆるバイクが売却されているのが特徴です

デメリットとして、信用できるデータであってもバイクの状態は千差万別のため査定額通りにならない可能性があることです。

そして、最低額から最高額の値幅が大きいためにユーザーを惑わしてしまうことがあります。

大切なのは、バイク買取業者に依頼する前に一般的な買取相場を知っておくということです。

無料一括査定スタート

【売却のタイミング】「春」と「夏」がおすすめ

● 1月~3月:業者は在庫を貯める時期
● 4月~7月:繁忙期を過ぎたものの、夏に向けて在庫を確保する時期
● 8月:猛暑を迎えて需要が横ばいになる時期
● 9月~12月:緩やかに需要は減っていくものの、来年の準備を始めるため買取を強化し始める時期

バイクを購入する人が多い季節は「春」と「夏」です。

新生活になって新たにバイクを購入したり、大型連休や夏休みを控えてバイクを買い替える人が増えるからです。

バイク買取会社は、バイクがたくさん売れる時期にはたくさんの在庫が必要なので買取(仕入れ)を強化する傾向にあります。 個人の購入者も同じく、欲しいと思った時は同じライダーであるあなたと同じ感覚で購入を検討します。

つまり、「バイクを買いたい」という需要が高まる春や夏を迎える「直前」のほうが、バイクが高く売れる可能性が高いということなのです。

「年式」が古くなる前に売却したほうが良い

一方で、冬場はライダーたちにとって寒さの厳しい季節でもあり、バイクの売れ行きも低調になりがちです。

そのため冬場に向けて中古バイクの買取相場は徐々に下がっていき、年末や年明けに底を打つ傾向にあります。

しかし、だからといって「冬を過ぎるまで待つ」というのはNGなのです。

なぜなら、年を越してしまうとバイクの年式が1年古くなってしまうからです。

「春」の方がバイクが高く売れるとはいえ、基本的に年式が新しい方が高く売れる傾向にあります。

「春」を待っている間に有効車検期限や自賠責保険の期限が短くなってしまうのも、高価買取を妨げるポイントです。

「冬だからまったくバイクが売れない」というわけではありません。

リターンライダーに人気があるような大型バイクは、冬場のほうが需要が高まるとも言われています。

3年落ちや4年落ち、年式が古い車両は徐々に買取価格が下がっていくため、素早い決断が求められます。

「自動車税」がかかる前にバイクを売却するのがおすすめ

バイクの税金は、4月1日時点の所有者に対して課税されるという法律があります。

つまりは、3月31日までに名義が変更されていれば自動車税の支払いの対象にならないということです。

一日でも過ぎた場合は支払い義務が発生します。

また、名義変更には手間がかかることから、売却を行うのは最低でも課税の一か月前が良いでしょう。

相手先に負担が減ることで取引がスムーズになり、無駄な税金の支払いを回避することができます。

しかし、仮に5月までに売却した場合でも一部還付されますが手続きが非常に面倒です。

「査定士のノルマ」に貢献することで高額買取につながるケースも

バイク買取業者に頼む場合は、査定士の買取台数のノルマを把握しましょう。

月末や買取依頼が少ない時期は、査定士からすると1台買取できるかどうかが非常に大事だったりします。

その点は、他のサラリーマンの営業職の人たちと変わりません。

もちろん、常識を無視したようなお願いは聞き入れてもらえませんが、査定士からすると「多少無理してでも買取したい時期」と「繁忙期なのでたくさんの買取依頼がある時期」では、若干なりとも査定額に影響が出てバイクを高くうる事ができるはずです。

【日頃のメンテナンス】定期的にコツコツ行うことが重要

売却時のマイナスポイントとなるのは、「外装のキズ・サビ・ヘコミ」「エンジン廻りの異音」「バッテリーの不調」がほとんどです。

つまり、日頃のメンテナンスをしっかりしていれば、マイナス評価にならないことが多いのです。

日頃から洗車やメンテナンスをしておくと、非常に高評価でしょう。

汚れやサビを落としておく、定期的にオイル交換をするなど、ちょっとした気遣いでバイクの状態を良好に保つことができるのでぜひ心掛けてみてください。

また、バイクの保管場所も重要です。

「雨風がしのげるか」「通行人や自転車にぶつからないか」、もし場所を選べないのであれば、バイクカバーをかけるのも良いでしょう。

バイクを売りたいと思ったとき、少しでもコンディションのよい状態で査定してもらえるように、日頃のメンテナンスを心がけるようにしましょう。

【査定士とコミニュケーションをとる】売却する意思をハッキリ伝えることが重要

人間性も少なからず見られている

冒頭でもお伝えしましたが、バイク買取業者の査定士や個人の購入者も見ているのは、実はバイクだけではありません。 本気でバイクを売りたいのか?

それとも査定額を知りたいだけなのか?冷やかしなのか?など。

意外と人間の部分もチェックされているのです。出品時の文章や伝え方などで、「この人から買っても大丈夫かな・・・?」なんて思われています。

どの様な売却方法でも、「今すぐに売るつもりはない」のであれば、相手方に正直に伝える必要があります。

それはバイク買取業者に依頼した場合でも同じです。

「冷やかし」と思われてしまうと査定額は上がらない

「本気でバイクを売りたい」あるいは「金額に納得できれば売る」というのであれば、その気持ちをしっかりと査定士や相手方に伝えましょう。

買取業者の場合、冷やかしではないと分かってもらえれば、査定額も現実的な買取を意識して設定された金額が出てきます。

そのバイク自体に価値があり、査定士が本気で買取したいと思えば、当然査定額もアップします。

個人売買の場合でも同じです。

売る気がないと判断されてしまうと購入者は次々と減っていきます。

本気で売りたい事を文章で説明するのは大変ですが、言葉でも文字でも一生懸命伝えることは大切です。

自分のバイクの状態を知る

できれば、自分のバイクの「年式」や「走行距離」くらいは把握しておきましょう。

査定士の質問にスムーズに答えていくことができれば、査定の交渉もうまくいくはずです。

また、251cc以上のバイクであれば、車検証もすぐに提出できるように準備しておきましょう。 そのような細かな気配りだけでも、あなたの本気度を伝えることができます。

個人も同様です。

質問された事にスピーディに返答できなければ、不信感を持たれる事があるため、常に気を張っている必要があります。

小さい気遣いやお礼の言葉などが、高く売るためにも少なからず影響している事を把握しておきましょう。

【嘘をつかない】傷や事故歴をごまかしていると査定額に大きくマイナスの影響を与える

バイクを売るために、自分のバイクをバイク屋に持ち込んだり、個人で売ってみたり、出張査定をしてもらうときは、状態の説明をしっかりと行うことを心掛けましょう。

あなたがバイクをどれだけ大事に扱ってきたのか、定期的に行ってきたメンテナンスの詳細など、アピールできることはすべて伝えましょう。

「この人は本当にバイクが好きなんだ」「大切な愛車だったんだ」と思ってもらえるだけでもプラスになります。

取引がスムーズに進むことはもちろん、売却額がアップするような提案をしてくれるかもしれません。

しかし、アピールポイントばかり伝えて、都合の悪いこと(事故歴など)を隠してはいけません。

バイク買取において、正直に事情を伝えることは、事故車や不動車のバイク買取でも、予想以上の買取額となるケースもあります。

当たり前ですが、査定士は査定のプロフェッショナルなので、隠していても確実にバレます。

後から見破られてしまうと印象は最悪で、「他にもウソの申告があるのでは?」と勘ぐられてしまいます。

また、査定士の気分を害すような行動・言動は避けましょう。

横柄な態度を取ったり、頭ごなしに注文を付けたところで査定額は変わらないどころか、下がってしまうかもしれません。

無料一括査定スタート

5つの代表的な「バイクの売却方法」

売却方法 売却先 メリット デメリット
個人売買 ヤフオク 高く売れるときがある サイトへの登録が必要、出品手数料が高い
メルカリ だれでも簡単に売買が可能 「出品者」と「入札者」の両方が手数料を支払わないといけない
友人・知人 金額の交渉がしやすい 関係にヒビが入ってしまうかもしれない
買取 バイク販売店 乗り換えができる 査定額が妥当かどうかわかりづらい
バイク買取業者 いろいろな手続きを代行してくれる

【ヤフオク】でのバイク売却は、初心者にはハードルが高い

必ずというわけではありませんが、ヤフオクを使うと相場よりも高く バイクを売ることができます。

ヤフオクにバイクを出品するときは、過去の落札相場をいくつか参考にした上で決めると良いでしょう。

そのためにはヤフオクへの登録が必要で、しかも出品にかかる手数料が高いということがデメリットです

また、自分のバイクを多くの人にプレゼン(説明)するのは非常に難しく、「撮影スキル」や「プレゼン能力」が入札してもらえるかどうかを大きく左右するため、初心者にとってハードルが高いこともデメリットとして挙げられます。

さらに、ヤフオクでバイクを売却するとき、手続きがとても複雑なことからユーザー同士でのトラブルが発生することも少なくありません。

ヤフオクに割いた労力を時給換算してみると、高く売ることができたように見えて実はそうでもなかった、ということもあります。

【メルカリ】は手軽であるがゆえに手数料が高い

最近コマーシャルでもよく見かける「メルカリ」のようなフリマアプリを利用してバイクを売るメリットは、手軽にバイクの売り買いができることです。

ヤフオクでの売却とはフローが少し異なり、自分でバイクの値段を決める必要があります。

金額の設定方法は、ヤフオクのときと同じで、いくつかの落札相場を参考にして決めるのが良いでしょう。

ちなみに、メルカリの場合はお金のやりとりがすべてシステム化されているため安全です。

デメリットとしては、「出品するユーザー」も「入札するユーザー」も手数料がかかってしまうため、金額が大きなバイクは取引が成り立たないケースが多いです

また、アップできるバイクの画像枚数に上限があるため、少ないヒントでバイクをアピールしないといけないので、結局慣れていない人にとってはハードルが高いでしょう。

さらに、利用しているユーザーの平均年齢が低いことから、バイクの売却で必要となる「書類」をなくしてしまっていたり、結果的に無駄な「お金」がかかったり「トラブル」に巻き込まれてしまう危険性があります。

【友人・知人】にバイクを売るときはトラブルに最大限の注意を

友人や知人にバイクを売るメリットは、納得できる金額でやりとりできる可能性が高いという点です。

お互いにとって納得のいくやりとりができると、今までよりも関係が良くなるケースもあります。

一方でデメリットとして、「金銭取引」を行うことに変わりはないので、一歩間違えてしまうと関係が歪んでしまう恐れがあります

今まで気づいてきたピュアな関係が、「お金」によっていとも簡単に崩れてしまうことは少なくありません。

【バイク販売店】へ売却するなら関係性をしっかり作ってからがおすすめ

近所のバイク販売店に売却(下取り)に出すことで、次のバイクを安く買うことができるというメリットがあります。

どれくらい安く買うことができるかは、販売店のスタッフとの関係性が重要になってきます。

また、書類の手続きであったり入金の作業であったり、面倒な作業は販売店にすべて任せてしまって問題ありません。

「安全」と「信用」が保証されているのは、売り買いをする上では非常に重要なポイントです。

一方でデメリットとしては、下取りにおける査定額がその一社のみで決まってしまうため査定額がその金額で妥当なのかどうかわかりづらく、詳しく説明してもらえるケースも少ないという点です。

そして、他のバイク会社の査定額を提示すると、販売店のスタッフから嫌な顔をされてしまう可能性が高いです。

「その販売店でしか買取を頼みたくない」というような絶大な信用を置いているのであれば良いですが、そうではない場合はあまりおすすめできません。

【バイク買取業者】は適正な価格で買取してくれる

1社だけでなく、複数のバイク買取業者に査定をしてもらうことで、自分のバイクを業界相場(すなわち適正な価格)で売却することができるというメリットがあります。

何社ものプロの査定士が買取額を提示してくれますが、会社の状況によって高い金額を出してくる会社もあれば、さほど高くない金額を出してくる会社もあります。

バイクを高く売ろうと思ったら、それぞれの会社から提示された査定額を比較して、一番高い金額を提示してくれた会社を選べば良いだけなのでとても簡単な作業です。

また、バイク買取業者に買取してもらうときは、売却に関する手続きはすべて代行してくれて、「入金がされない」というようなトラブルも一切ありません。

デメリットとして、バイク買取業者は商売として買取をしているためできるだけ安く買取しようとしてきます。

言われるがままにバイクを手放してしまうのではなく、前もって一定量の知識や最低限の準備をしておきましょう。

バイク買取業者の営業に負けてしまい、納得のいかない売却になってしまう可能性がある一方で、唯一フェアに金額の交渉をすることができる売却方法でもあります。

無料一括査定スタート

【バイク王】の1社だけに売却するのもおすすめ

バイク王にバイクを売却するメリットは、業界ナンバーワンの「信頼」と「実績」があることです。

テレビやラジオでのバイク王のCMはあまりにも有名で、バイクに乗っている人でバイク王を知らないという人はほとんどいないのではないでしょうか?

また、バイク王は査定の申し込みをしてから査定に来てくれるまでのスピードも非常に早く、バイクを売りたいと思ったその日に売却できるケースも少なくありません。

対応が良く安心できる会社にバイクを売却したいという人は、バイク王に買取を依頼することをおすすめします。

バイク王で無料査定スタート

査定士が特にチェックする3つのポイント

① クランキングでエンジンの調子を確認する
② ガソリンタンクの中身と臭いを嗅ぐ
③ ギアやシフトの入りを確認する

① クランキングでエンジンの調子を確認する

バイクのエンジンの状態を確認する作業です。

エンジンを始動して音や状態を確認します。かからない場合でもセルを回したり、ジャンピングしてエンジンの音を聞き分けます。

言葉で説明するのは困難ですが、一般的なエンジン音の表現として「ジャラジャラ音」はカムチェーンの異常、「カタカタ音」はタペットやシムの異常、「ガタガタ音」はエンジンの故障を表現しています。

「カムチェーンの異常」と「タペットやシムの異常」は修理が必要と判断され、「エンジンの故障」は修理にコストがかかりすぎるため、「廃車」として判断されます。

大手が安定した査定額の提示を実現できる理由には査定の統一性とノウハウの蓄積が十分にあるからです。

② ガソリンタンクの中身と臭いを嗅ぐ

ガソリンタンク内の錆や劣化を確認する作業です。

人体で言えば「胃」の部分になり、腐食が進んでいると異常な臭いを発生させます。

劣化が激しいとエンジンが掛からなくなり、「キャブレーター」という重要なパーツを浸食していきます。

そうなってしまうと大規模な修理が必要になってくる事から「不動車」という判定がくだされ、高い査定額を望めなくなります。

③ ギアやシフトの入りを確認する

バイクのギアの入りや、クラッチ盤を確認する作業です。

人体で言い換えると「ギア」は「足腰の関節」になり、入りが異常に悪かったり、異音がすると高額査定は望めないでしょう。

また、「クラッチ盤」は「指紋」のようなもので、指紋がないと掴んだものが滑りおちてしまうように、クラッチの摩耗が激しいと上手く加速する事ができなくなります。

「廃車」とまでは行きませんが交換する必要がでてくるので、高額な査定は望めないでしょう。

不動車を復活させてバイクの価値を上げる5つの方法

バイクを売却する時は、動かないバイクよりも動くバイクのほうが価値があります。

それは買取でも個人売買する場合も同じ事なので、設備と工具がある方は挑戦してみるのも良いかもしれません。

① バイクの洗車を行う
② ガソリンを入れ替える
③ スパークプラグを清掃する
④ エアーフィルターを清掃する
⑤ ジャンピングする

① バイクの洗車を行う

まずは洗車を行います。

最後ぐらいは丁寧に洗ってあげるのも良いかもしれません。

なぜなら埃や砂などの汚れがこれから行う作業に支障や故障を招く可能性があるからです。

修理前の洗車は必須なので面倒かと思いますが、査定額を上げるための大事な一歩です。

② ガソリンを入れ替える

次にガソリンを入れ替える作業です。

コックをリザーブにして古いガソリンを抜きます。

携行缶が無い方はガソリンスタンドで入れてもらえる所もあります。

新しいガソリンは3リットルもあれば十分です。

③ スパークプラグの清掃

次に火花を飛ばす部品の清掃を行います。

新品に交換する事をお勧めします。

一本900円~当たりですが清掃する事で始動した場合はそのままで大丈夫です。

④ エアーフィルターを清掃する

バイクが空気を吸うために、砂利や砂を吸わないための「エアーフィルター」というものがあります。

この部品が詰まりを起こしていると呼吸ができなくてエンジンの始動が困難になるので、状態にかかわらず清掃しましょう。

⑤ ジャンピングする

これから売却するのに新しくバッテリーを買う必要はありません。

車などからジャンピングすることでエンジンの始動を試みることができます。

始動が確認できたら5分ほどアイドリングを行いましょう。

①~⑤を行ってもエンジンがかからない場合

上記の方法は、バイクを良い状態に保つために普段から行う点検です。

不動車になっても点検と同じ項目で整備するだけで直る事があります。

しかし、バイクの状態は千差万別でご紹介した方法で始動しない場合は上記以外に原因がある可能性があります。

バイクを高く売るなら【買取業者】による【一括査定】がおすすめ

なぜ一括査定だとバイクが高く売れるのか

実は、バイク買取業者によっても、得意なバイクや苦手なバイクがあったりします。

ホンダのバイクをハーレー専門店に持って行ったり、原付バイクを大型バイク専門店に売ろうと思っても、高価買取は期待できません。

バイクを高く売るために、あなたのバイクの価値を理解してくれる会社に出会うことが何よりも大事なのです。

バイク比較ドットコムでは、全国の優良バイク買取業者に一括で査定依頼を送ることができます。

もちろん、すべて無料で出張査定してくれる買取業者であり、手続きの代行、必要書類の再発行、またローンが残っているバイクの売却など、あらゆる面でサポートをしてくれます。

無料一括査定スタート

バイク王は業界最大手No.1だから安心・安全

「バイクを高く売りたいけれど、複数の会社と連絡を取るのは少し面倒」、「まずは1社と査定してみてから、他の会社を検討したい」 といった悩みを持っている人もいるでしょう。

そんな人は、まずバイク王で査定してもらうと良いでしょう。

バイク王のバイク買取台数は年間でおよそ10万台、バイク買取業界で圧倒的な実績を誇っているバイク王だからこそ、はじめに査定してもらうバイク買取業者としてはピッタリです。

バイク王で無料査定スタート