高校生や大学生から高齢の方まで、老若男女に愛される原付バイクですが、あまりに身近な存在のため「高く買取してもらうなんて無理だろう」と諦めてしまう人も多いようです。

しかし、それは間違いです。処分量を支払ってまで廃棄処分したり、無料で誰かに譲ってしまったりすることで、損をする可能性が大いにあります。なぜ損をするのかというと、バイク買取業者の中には、原付を高額で買取できる会社が多く存在するからです。また動かない「不動車」も買取を行ってくれます。

原付を高く売るコツ

原付を持っている人は、「どこの会社でも、原付の買取価格はそこまで変わらないだろう」と思いがちです。ですが、買取業者によって驚くほど違いが出ます。なぜなら、買取業者によっては原付バイクを買取した後の流通経路が異なるからです。代表的な例は、そのまま店舗で直接販売する会社海外へ輸出してしまう会社国内のバイク業者オークションに出品する会社といった具合です。そのため先程述べたように、バイク買取業者によっては同じ車種の原付であっても買取価格も変わってきます。

業者の「得意」「不得意」を知る

「バイク買取業者によっては車種の得意不得意がある」ということも知っておくとよいでしょう。もちろん得意としている車種に関しては高く買取してくれますし、そうでない車種に関しては高額買取とはいかないかもしれません。そのため、原付を高く売るためには、バイク比較.comのような一括査定で複数社から買取査定してもらうことを強くおすすめします。複数の買取業者から査定額を出してもらえるので、最も高い見積もりを出してくれた買取業者と交渉することができます。

走行距離に気を付ける

オドメーター(走行距離計)が4桁(km単位)しかない車種は注意が必要です。10000km走った時点でオドメーターが一周してしまう為、走行距離の判断が困難になってしまうからです。中古の原付バイクを購入して、現在のメーターが一周しているかどうか証明できない場合、車両の状態とメーターの走行距離が合っていない車両は、たとえ実走行距離でも低く査定されがちです。査定額を上げようと中古のメーターに交換すれば走行距離が少なく見えますが、そのような行為は簡単に見抜かれてしまう事に加え、「違法行為」になる可能性がでてしまうのでオススメできません。

買取相場をチェックする

また、今あなたが乗っている原付の買取相場を知っておくことも重要です。原付の場合、同じ車種で走行距離が近いものだとどれくらいの買取相場になるのが把握しておきましょう。バイクを売却するときに、査定士との交渉の重要参考データになってきます。また、良い面ばかり見せようとせず、リラックスして査定士と接することを心がけましょう。そうすれば、おのずと納得のいく結果となるはずです。

バイク比較.comの車両別「原付の平均買取相場」

● 高額で買取されやすい人気のバイク:「リトルカブ」「ダンク」「モンキー」
● 状態によっては高値で買取されるバイク:「ビーノ」「VOX」「ジョルノ」「JOG」「トゥデイ」
● 50ccの旧車:「NS-1」「NSR50」

高額で買取されやすい原付バイク

「リトルカブ」「ダンク」の買取相場

「リトルカブ」「ダンク」の買取相場 「リトルカブ」や「ダンク」などのオシャレな原付や、マグナ50やZRなどの希少な原付は高値がつく傾向があるようです。「カブ」は耐久力があり、故障が非常に少ないため、買取業者も高値で買い取ることができるようです。

「モンキー」の買取相場

「モンキー」の買取相場 個性溢れるカスタムオーナーで賑わう「モンキー」も余裕の10万超えで買取されているようです。どうカスタムされているかはオーナーによって違うので、買取価格に誤差がでるのでご了承ください。

無料一括査定スタート

状態によっては高値で買取される原付バイク

「ビーノ」や「VOX」、「ジョルノ」の買取相場

「ビーノ」や「VOX」、「ジョルノ」の買取相場 速くて耐久力のある「ビーノ」の中には2st車も入っています。荷物が沢山運べる「VOX」、見た目がとってもかわいい「ジョルノ」にも良い買取価格が出ています。

「JOG」や「トゥデイ」の買取相場

「JOG」や「トゥデイ」の買取相場 グラフの金額は原付の状態が良い時のものを載せていますが、それでも、「一括査定」を知らずに費用をかけて捨ててしまう人がいます。

「レッツ」や「チョイノリ」の買取相場

「レッツ」や「チョイノリ」の買取相場 「レッツ」は、販売台数が多いので買取で査定額がつかない場合もありますが、中には7万円で買取されたものもあります。一番の問題は「値段が付かない」と思って捨ててしまう事です。

50ccの旧車の買取相場

「NS-1」や「NSR50」の買取相場

「NS-1」や「NSR50」の買取相場 マニアに人気な「NSR50」「NS-1」はとても良い買取価格が出ていますね。人気がある事と買取額は比例します。

バイク比較.comの地域別「原付の買取台数ランキング」

● 関東地方の買取第一位は「神奈川県
● 九州地方の買取第一位は「福岡県
● 中部地方の買取第一位は「愛知県
● 近畿地方の買取第一位は「大阪府

関東地方(東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬)

関東地方(東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬)の原付買取 「神奈川県」はバイク人口が多い事でも有名ですが、買取に勢いがある地域でもあります。それだけ買取業者も多いので、なるべく自分の所で買うために競り合うので、あなたの原付に高値がつく可能性が高まります。

九州地方(大分・福岡・熊本・宮崎・佐賀・長崎・鹿児島)

九州地方(大分・福岡・熊本・宮崎・佐賀・長崎・鹿児島)の原付買取 人口が多い福岡県は買取の依頼も多いようです。大分や長崎にお住みの方で売却を検討している原付があれば一括査定をご利用ください。

中部地方(岐阜・山梨・新潟・石川・愛知・静岡・長野・富山・福井)

中部地方(岐阜・山梨・新潟・石川・愛知・静岡・長野・富山・福井)の原付買取 中部地方では名古屋がある愛知県が群を抜いて買取依頼が多いようです。買取台数が少ないからと、買取額が低い理由にはなりません。買取台数が少ない他県でも一括査定をご利用ください。

近畿地方(大阪・京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・和歌山)

近畿地方(大阪・京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・和歌山)の原付買取 近畿では大阪府が群を抜いて買取台数1位にランクインしています。大阪は原付の買取に強い業者が多く、例え査定額がつかなかったとしても無料回収分野でも1位のため、安心して買取を依頼する事ができます。

原付に処分料が必要なケースもある?

原付の処分料についてですが、絶対に必要ということはありません。ただし、国内での流通が難しい場合には処分料が必要なケースもあります。一部のバイク買取業者では、処分料は請求しない方針の業者もあるので、買取業者に話を聞いてみるのが一番早くて正確です。

ちなみに、買取に関する手続きがよく分からないという人でも、基本的には買取業者が代行してくれるので問題ありません。バイク比較.comのような一括査定のサービスなら安心です。無料で最大6社のバイク買取業者から連絡がもらえるので、分からないことに関してはお任せしてしまいましょう。しかも、出張買取をしてくれる買取業者ばかりなので、時間と労力をかけなくてすみます。最も高い査定額を提示してくれた買取業者と、積極的に交渉しましょう。もし金額が折り合わなければ断っても問題ありません。

また、買取に必要な書類をなくしてしまった場合でも、買取業者が再発行手続きを行ってくれるケースがほとんどなので、心配ありません。原付だからといって高く売るのを諦めてしまってはもったいないので、査定だけでもしたもらうことをおすすめします。

無料一括査定スタート