バイクに乗っている限り、事故を起こしてしまう可能性はゼロとは言えません。もし仮に事故を起こしてしまった場合、バイク(不動車)の処分はどのようにするのが最善なのでしょうか?そして、そもそも事故車とはどのようなバイクを指すのか、以下で説明していきます。

『関連記事』事故車・不動車・故障車のバイクを高く買取してもらう方法

バイク買取業者に一括査定をする

最大6社にまとめて
査定依頼ができる

■目次

■ライター紹介

バイク比較.com編集長のプロフィール画像

実は、バイクに「事故車」という明確な定義はない

一般的に、事故車かどうか判断するのはあくまでバイク会社であり、「事故車に関する明確な定義はない」と言われています。(この場合の事故とは、道路交通法上の交通事故を指しています)

なので、堅苦しく言えば「事故によりフレームが破損・修復されたバイク」という意味合いが強いです。軽度の対物事故や人身事故であれば、事故車としては認識されない傾向にあります。

ちなみに、事故ではなく故障で動かなくなってしまったバイクのことは故障車もしくは不動車という表現をします。

バイクの事故車こそ「下取り」ではなく「買取」がおすすめ

事故車の場合、下取りであればほとんど買取値が付かないか、運が悪いと処分料をとられてしまうことも多々あります。

しかし、バイク買取業者の中には不動車や事故車のバイクの買取を得意としている会社も存在します。高価買取とまではいかなくても、会社によっては買取値がつきます。

『関連記事』事故車・不動車・故障車のバイクを高く買取してもらう方法

バイクの事故車・不動車のおすすめの買取業者は「バイク王」

「事故車を売るなら、そういうのが得意な買取業者を見つければいいんだ!」といっても、ネットなどで調べたところでなかなか見つけられないでしょう。

そんな人には、バイク王での査定をおすすめします。バイク王では「あらゆるバイクを買取し、日本中にバイクを行き渡らせる」というポリシーを公開しています。

そのため、事故車・不動車もしっかりと評価できる査定のノウハウが蓄積されています。困ったらとりあえずバイク王に買取依頼を頼んでみることをおすすめします。

バイク王で無料査定スタート