バイクの販売店にとって一番おいしいのが乗り換えだということ、知っていますか?

バイク販売の利益に加え、下取りしたバイクを販売することで大きな利益を得ることができるからです。

時には、それが適正な利幅とは言えないことも・・・。

では、できるだけ安く乗り換えを済ますにはどうすればよいのかご紹介します。

バイクの乗り換えで損をしないために知っておきたいこと

バイクの「売却」と「乗り換え」、何が違うの?

一括査定で売却するメリットは「現金になる」という点です。

複数の買取業者が競り合うので、乗り換えの査定額よりも高値が付く可能性が十分にあります

一方で、店舗で乗り換えするメリットは「資産になる」という点です。

点検記録簿や店舗のネームバリューがのちの売却にプラスになることがありますが、査定がその一社のみのため、査定額をコントロールされている可能性があります。

結果的に10万円ほどの開きがあった場合には、記録簿などの証明書も意味を成しません。

バイクの乗り換えを成功させるポイント

【時期別で見る】バイクの乗り換えの目安

「バイクの寿命」を考慮しよう

バイクにも寿命が存在するため、長く乗れば乗るほど不具合が生じてきます。

走行距離が50,000km~100,000kmになるとそろそろ寿命だと考える人が多いようです。

しかし、バイクの消耗具合は走行距離だけでは測ることができません。

運転の仕方や運転時の天候など、様々な要因でバイクは消耗していきます。

「乗り換え費用」と「修理にかかる費用」を比較しよう

バイクを乗り換えるかどうか迷っているときは、以下の二つを比較してみると良いでしょう。

● 乗り換えにかかるであろう「費用」
● このまま乗り続けた場合にかかるであろう「修理費」

バイクの修理にかかる費用も安くありません。

「修理費がかさんでしまい、結果的には乗り換えたほうが安かった」というケースも存在します。

また、度々修理が必要となるバイクは、事故を引き起こす危険性も孕んでいます。

経済面でも安全面でも、できるだけ修理が少なくて済むバイクに乗るようにしましょう。

普段からバイクに愛情をもって接し、バイクのことを大切にしていれば寿命も長くなります。

「このバイクはとても気に入っているから、できるだけ乗り換えはしたくない」という人こそ、日頃のメンテナンスは欠かさず行いましょう。

「違うバイクに乗ってみたい」と思ったらすぐに行動しよう

また、「違うバイクに乗ってみたくなった」という理由で、バイクの乗り換えを検討し始める人も多いのではないでしょうか?

これは思い立ったが吉日です。

早速行動に起こすことをおすすめします。

なぜなら、あなたのバイクの価値は一日単位で徐々に変動していくためです。

バイク業界では、新しいバイクほど価値が高いという考え方が一般的です。

ということは、バイクを売るのであれば早ければ早いほど高額で売却できる可能性が高く、反対に、バイクを売るのが遅くなればなるほどバイクの価値がどんどん下がっていき、高値で売却できる可能性が下がってしまいます。

迷っている時間があるのであれば、査定だけでもしてもらいましょう。

無料一括査定スタート

【状態別で見る】バイクの乗り換えの目安

①燃費が悪くなった

「吸気系の不調」が考えられます。

目安として5千円~3万円の費用をみて乗り換えを考えると良いでしょう。

②曲がる時に違和感がある

「サスペンション」か「ブレーキ関連」の不調が考えられます。

目安として、8千円~3万円の費用をみて乗り換えを考えると良いでしょう。

③段差をこえると異音がする

「駆動部品の摩耗」が考えられます。

目安として1万円~5万円の修理費用を見ておくと良いでしょう。

④まっすぐ走らない

転倒や事故を起こすと現れる症状です。

修理するとなると高額な費用がかかるため、気になる方は売却や乗り換えを検討しましょう。

⑤マフラーから白煙が出つづける

エンジン内部の摩耗が進むと起きる症状です。

そのまま乗り続けるとオイルを消費してエンジンが停止します。

修理するとなると高額な費用がかかるため乗り換えをおすすめします。

無料一括査定スタート

【バイクの選び方】乗り換えるなら新車?それとも中古?

「中古バイク」から「中古バイク」への乗り換え

中古バイクから中古バイクへ乗り換える人の意見として、「昔のバイクのほうが早い」「しっかりしている」「バイクらしい」「安いから」などの意見が多く見られます。

また、中古バイクに乗り換える人の特徴としては、「カスタムしやすい」「他人と被らない」「トラブルが電子制御に縛られない」「整備する楽しさがある」などのこだわりがある人が多い印象を受けます。

維持費や燃費、ポジションも中古車ならではの特徴を感じることが、乗り換えの際に中古バイクが選ばれる理由なのでしょう。

「中古バイク」から「新車バイク」への乗り換え

中古バイクから新車バイクへ乗り換える人の意見として、「安いバイクを買ってトラブルが多かった」「不調が多くて楽しめない」「新しいバイクのほうがかっこいい」などの意見が多く見られます。

「長期保証が付いている」「デザインが最新」「燃費が上がる」「維持費が下がる」「故障の心配がない」など、新車バイクに乗り換える人は「安心感を求める」ライダーが多い傾向にあります。

新車バイクに乗り換えるデメリットとしては、転倒したり傷をつけないようにするため「バイクに気を非常に気を遣う」点です。

また「慣らし運転」があり、購入したての頃は思い切った走行に気を遣う点が挙げられます。

「新車バイク」から「中古バイク」への乗り換え

新車バイクから中古バイクへ乗り換える人の意見として、「昔のバイクに興味をもった」「手軽な4気筒に乗ってみたい」「自分で整備ができるようになったから」「今のバイクが面白くなかった」などの意見が多く見られます。

旧車に乗り換えた方の感想に、「昔のほうが面白い」「年上のライダーと息が合う」「バイクって感じがする」「イジる事が趣味になった」など、多少費用がかかっても「楽しさやバイクに冒険を求める」ライダーに多い傾向です。

デメリットとしては「燃費が下がる」「修理費は増える」「保証が短い」などがあります。

「新車バイク」から「新車バイク」への乗り換え

新車バイクから新車バイクへ乗り換える人の意見として、「もっと新しいバイクに乗ってみたい」「欲しいバイクがいっぱいある」「新車じゃないと不安だから」「人が乗ったバイクに乗れない」などの意見が多く見られます。

新車バイクに乗り換えた人の感想として、「安心して乗る事ができる」「保証が厚いので安心」「最新に乗れると満足」「新しい性能に触れてみたい」など、「安心なバイクライフ」を求めるライダーに多い傾向です。

また新しく乗り換えることにデメリットを感じる事はなく、常に新鮮なバイクを楽しむ事ができるでしょう。

バイク比較ドットコムを使って賢く「バイクの乗り換えを成功させる」

バイク販売店が乗り換えで利益を出すことができている理由、それは多くの人が愛車の価格を気にしてなさすぎるからです。

新しく買うバイクの価格をチェックしていても、自分のバイクがいくらで売れるのかを細かく把握しているしている人は少ないのではないでしょうか?

実は、バイク販売価格を交渉で下げるのは至難の業なのです

特に、新車であればどれだけ交渉しても値段が下がらないケースがほとんどです。

一方で、バイクの売却に関していえば、価格交渉の余地が残されています。

勘の良い方は気づいていると思いますが、新しいバイクの価格を下げることよりも、今の愛車を高く売ってあげることのほうが簡単であり重要なのです。

できるだけ多くのバイク会社から見積もりをもらう

あなたの愛車をできるだけ高く売却するコツは、できるだけ多くの買取業者に査定額を提示してもらうことです。

なぜなら、買取業者によっても査定額が大きく変動するからです。

買取業者の持っている独自の流通経路によって、高額買取できる車種(もしくはメーカー)も変わってきます。

1社だけの査定では、その買取業者がどういった流通経路を持っているのかが判断しづらく、高額買取とならない可能性もあります。

しかし、複数の買取業者に査定額を出してもらって比較することで、あなたのバイクを最高額で買取してもらうことが可能なのです。

多くの買取業者に愛車を査定してもらい、納得のできる査定額で買取してもらいましょう。

無料一括査定スタート

各バイク会社の「乗り換えサポート」

【バイク王】の乗り換えサポート

内容 詳細
長期保証 最低3か月間、最長7年の故障修理保証
メンテナンスパック メンテナンスと車検における割引
免許取得サポート 原付・大型免許取得にける割引
乗り換えサポート バイク王で購入すると3万円を還元

バイク王の「長期保証」

購入特典として、全排気量に最低3か月間、最長7年の故障修理保証が付きます。

バイク王の新古車7年保証は他社の新車保証よりも長いのが特徴です。

バイク王の「メンテンナンスパック」

任意加入任意加入になり、基本メンテナンスと車検を含んだ料金になっています。

125cc~250ccは21500円、250cc~400ccは37000円、400cc以上は40000円また、加入すると故障修理(重整備)の工賃が50%OFFになります。

バイク王の「免許取得サポート」

購入特典として、原付は5500円中・大型を取得した方には33000円還元されます。

取得から6か月経過しても適用されるのがメリットです。

バイク王の「乗り換えサポート」

購入特典どして、バイク王で購入すると3万円を還元してくれます。

バイク王で無料査定スタート

【バイクランド】の乗り換えサポート

内容 詳細
バイクランドの「バイクの保証」 1年間走行距離無制限での保証(全排気量対象)
バイクランドの「メンテナンスパック」 無料での基本点検
バイクランドの「乗り換えサポート」 バイクランドで購入かつ店頭での査定により査定額3万円上乗せ円

バイクランドの「バイクの保証」

購入特典として、全排気量に1年間走行距離無制限で保証がつきます。

また、保証範囲が他社より広く、一部消耗品も保証されます。

長距離を走る方におすすめです。

バイクランドの「メンテナンスパック」

購入特典として、無料で基本点検を行ってくれます。

また、エンジンオイルとフィルターの交換が2年間無料になります。

バイクランドの「乗り換えサポート」

購入特典として、店頭に持ち込んで査定した場合には3万円を上乗せしてくれます。

【はとや】の乗り換えサポート

内容 詳細
FMP(フリーメンテナンスプログラム) メンテナンスと修理費が無料(126cc以上のバイクのみ)
SMP(スクーターメンテナンスプログラム) プラグやタイヤが2本まで交換無料 など
レディースデイ 女性のみバイクの点検と調整が無料(毎週月曜日)

はとやの「FMP(フリーメンテナンスプログラム)」

購入特典として、125cc以上のバイクは基本メンテナンス代が無料になり修理費用がかかりません。

はとやの「SMP(スクーターメンテナンスプログラム)」

任意加入になり、プラグや、タイヤが2本まで交換無料など、スクーター限定で、50ccは2万円、125ccは2万5千円になります。

はとやの「レディースデイ」

毎週月曜日は、女性限定でバイクの点検と調整が無料で受けられます。

バイクの乗り換えで必要な手続きとは?

【必要書類の準備】バイクの乗り換えに必要な3枚の書類

バイクの乗り換えを行うとき、必要となる書類は以下の3つです。

● 【125cc以下の場合】標識交付証明書
● 【126cc~250ccの場合】軽自動車届済証
● 【251cc以上の場合】自動車検査証
● 自賠責保険納入証明書
● 身分証明書

※上記の書類に加えて「印鑑」が必要となります。

これらは、バイクの買取で必要となる書類と基本的には同じです。

もし「必要書類がない」という場合

もし、「買取に必要な書類が手元にない」という方でも安心してください。

バイク買取業者に相談をすれば、ほとんどの業者が再発行の手続きをしてくれます。

必要書類がないからといって、乗らないバイクをずっと放置していても意味がありませんからね。

仮に書類がなくても、「バイクを売ろう」と思ったらまずバイク買取業者に相談してみましょう。

【自賠責保険の変更】バイクの乗り換えで自賠責保険の変更も可能

250cc以下のバイクの乗り換えの場合、自賠責保険を変更することも可能です。

自賠責保険を変更する場合、「乗り換え前のバイクの廃車証明書」と「新しく購入するバイクの登録証」が必要なので覚えておきましょう。

自賠責保険変更の手続きのやり方

自賠責保険の変更に関しては、手続きが色々とややこしくなっています。

まず、役所に行き廃車証明書を受け取り、その後保険会社で手続きをしましょう。

自賠責保険の変更において、細かい手順が気になるようであれば、バイク買取業者に相談してみると良いでしょう。

ちなみに、あなたが自賠責保険に入っているかどうかは、「ナンバープレートにステッカーが貼ってあるかどうか」で確認できます。

「ステッカーが貼ってある」=「自賠責保険に加入している」ということになります。

しかし、自賠責保険の期限が切れてしまっていたというケースも存在するので気を付けておきましょう。

【任意保険の変更】任意保険の等級はどうなるの?

また、任意保険についても自賠責保険と同様、変更することが可能です。

任意保険の変更の場合も、新たな車検証の原本かコピーを準備した上で、保険会社へその旨を伝えましょう。

その後の手続きは保険会社によって異なるため、一度電話を入れてみましょう。

車両保険に入っている方も排気量が上がると保険料の変更があります。

無料一括査定スタート

乗り換えと同時に欲しい「バイクパーツ・用品」

ヘルメット

125cc以上に乗り換える方は、快適性がある「ジェットヘルメット」か安全性の高い「フルフェイス」への買い換えをおすすめします。

高速に乗れるようになって、半ヘルメットを使用しても違反にはなりませんが事故を起こした場合の致死率が圧倒的に違います。

バッグ

アメリカンからネイキッドに変わるだけで、今まで見に着けていたバイク用品に違和感を感じます。

ナップスなどの用品店によってはバイクにまたがりながらバッグの試着をできる所があります。

バイクの積載スペースの容量や形状も考慮してバッグを選ぶと良いでしょう。

グローブ

様々な素材のグローブがありますが、中でもオススメするのが革製品のものです。

使っていくうちに、手の形状に馴染んでいくのでバイクの操作性が非常に良くなります。

また、グローブの価格は強度と皮の厚みによって変わりますが、薄いと発汗が良いため安いからといって性能が落ちるわけではありません。

ハンドルグリップ

主にアメリカンやビッグスクーターに乗り換えると、振動による負担軽減のために太めで重量があるグリップに交換する事があります。

逆にネイキッドやスポーツタイプには、軽量でグリップ力のあるものに交換する事で操作性を上げる効果があります。

無料一括査定スタート