バイクをローンで購入し、ローンが完済できていなければ、バイクの持ち主はバイクの販売店のままだということは知っていましたか?

つまり、ローンが残っている状態であれば、バイクはまだ自分の所有物ではありません。となると、普通に考えれば、他人のバイク(所有物)を勝手に売ることなんてできませんよね?それが俗に言う「所有権」というものです。

しかし、バイクの買取専門業者にお願いすれば、ローンが残っているバイクでも買取が可能なのです。

無料一括査定スタート

バイクのローンがあっても、買取専門業者なら買取可能!

買取業者で売却するメリット

面倒な手続きが必要ない

所有権がついてる限りは、勝手に「売却したり」「譲渡」したりできません。(そもそも陸運局で審査が通りません)

なぜ買取業者がローン中でもできるのかというと、「ローンを買取業者が一度精算し、所有権を解除できるだけの資金や権限があるから」なんですね。

出張に来てくれて書類などを見てくれる

ローン中の売却となると必要な書類や手続きが非常に複雑になります。どれがどう必要なのかは正直、初めての方や知識がない方にとっては難解で仕方がありません。何がどういう意味で、どうやって売却するかを相談しながら丁寧に教えてくれます。

ローン中で売却したときの良くあるパターン

買取額 > ローン残高の場合

例えばあなたが、ローン残高30万円のバイクを買取に出すとしましょう。そこで買取業者にバイクを査定をしてもらったところ、買取額が50万円でした。この場合、「50(万円)-30(万円)」となり、20万円があなたの手元に入ります。そしてローン完済の処理は、基本的にバイク買取業者が行ってくれます。

買取額 < ローン残高の場合

先程と同様の例で、ローン残高30万円のバイクを買取に出すとしましょう。しかし、買取業者によると買取額は10万円でした。この時点ではローンを完済するのに「30(万円)-10(万円)」で20万円足りていません。

この場合、バイク買取業者のローン組み換えサービスを利用します。初めに、「ローンを完済するまではバイクの所有者はバイクの販売店のまま」だと説明しました。ここでローン組み換えサービスを利用すると、バイクの所有者がバイクの販売店から買取業者へと移されるのです。

先程の例でローン組み換えサービスを利用すると、バイクの所有者がバイク買取業者へと移され、買取額である10万円があなたの手元に入ります。その後、ローン残高である30万円を一括払いもしくは分割払いでバイク買取業者に支払うという流れになります。

無料一括査定スタート

買取額 < ローン残高だった場合の精算方法

1.「残額の一括払い」

残額(差額分)は一括払いで精算するのが原則となっています。

例えば、 100万ー80万(売却額)=20万(残額)の場合

「20万円」を一括で支払うという事になります。

支払える金額であれば良いですが、お手元に余裕が無いという方は、残額を新たにローンで組み直す必要があります。

一括払いが難しい方

新たにローンを組みなおす必要が出てきます。下記の「ローンの組み直し」で確認しましょう。

2.「ローンの組み直し」

「フォロークレジット」別名:残債(ざんさいローン)

売却額で精算しきれなかった残額を支払うための専用ローンがあります。専用のため、金利が15%前後と割高な傾向があります。

例えばですが、 100万ー80万(売却額)=20万(残額)の場合、

1.借入金額:20万円

2.ボーナス返済割合:0.00%

3.年間利子率:15%

4.返済期間:3年

5.返済総額:249,566円

6.支払利息総額:49,566円

例:「月額返済額:6,933円」

という形で新たな返済、ローンが始まります。

買取業者によって金利は様々ですが、高い金利を払っている方は今の金利より安くなる場合もあります。

簡単に買取業者を見つける方法とは?

少し複雑ですが、バイク買取業者にお願いをすればローンが残っているバイクでも買取できるということがお分かりいただけたと思います。

そして、バイク買取業者を探す際にはバイク比較.comを利用しましょう。バイク比較.comでは、全国の優良バイク買取業者の中から、最大6社に一括で査定依頼をすることができます。

バイク買取業者によっても、バイクの買取額は意外と異なります。そのため、できるだけ多くの買取業者に査定をしてもらい、査定額を比較することで、あなたのバイクを最高額で売ることができます。無料で利用できるので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

無料一括査定スタート