バイク買取査定

バイクは個人売買よりも買取が絶対良い!その理由は?

掲載日/2017年03月14日
無料一括査定スタート

バイクの個人売買とは?

バイクの個人売買とは、その名の通り「会社を通さずにバイクの売買を行うこと」です。

最近では、そのような個人売買専用のサイトや掲示板も増え、今やトレンドとなりつつあります。

しかし、バイクの個人売買には細心の注意が必要となります。

なぜなら、売買に必要な手続きや書類の処理など、すべて自分たちで行う必要があるからです。

今回の記事では、バイクの個人売買についてまとめていきます。

個人売買のメリットとデメリット

まず、個人売買の最大のメリットは「マージンが発生しない」という点でしょう。

バイク会社は買取したバイクを店頭で売る際、利益分を上乗せした金額で売ります。

商売なので当たり前ですよね。

しかし、個人売買ではそのような利益分のマージンが発生しないため、売る側はより高く売ることができ、買う側はより安く買うことができるのです。

これだけ聞けば非常にお得だと思えるでしょう。

一方で、バイクに乗るためにはいろいろ面倒な手続きや書類が必要なことは皆さんもご存知のことでしょう。

バイクの個人売買の最大のデメリットは、名義変更などの手続きや書類への記入などを「すべて自分で行う必要がある」という点です。

特に、個人売買でバイクを売却するときは前もって廃車手続きをしておかないと、トラブルに発展する可能性もあります。

「手続きの方法が分からなかったから」といって蔑ろにしておくと、あとあと痛い目にあうことは間違いありません。

ひとまず、個人売買を考えている人も以下の文を読んでみてください。

個人売買よりも買取をおすすめする2つの理由

理由1 必要な手続きはすべてバイク買取業者が行ってくれる

バイクを売るのであれば、バイクの廃車手続きが必須です。

しかし、ナンバープレートを外して市役所まで持っていく必要があり非常に手間がかかります。

バイク買取業者に頼めば、面倒な手続きや書類の処理も、すべて代行で引き受けてくれるので安心です。

また、個人売買の場合、契約書類を用意する必要があります。

「バイク 売買 契約書類」などと検索すれば簡単に見つかりますが、こういった契約書類の複雑な手続きも、バイク買取業者にお願いしてしまいたいものですね。

理由2 優良な買取業者であれば適正な買取額を提示してくれる

一般的なバイク買取業者は、業者間オークションの相場から買取額を提示します。

業者間オークションはバイク会社しか参加することができないので、一般の人が公正な買取相場を知る方法はありません。

個人売買において「適正な買取相場が分からず話がまとまらない」というケースも存在するので、気を付けましょう。

ちなみに、残念ながらバイク買取業者の中にも、適正価格より明らかに低い買取額を提示する会社も存在します。

バイク比較.comでは適正価格で買取をしている会社のみ参加していて、さらに優良バイク買取業者同士を比較することでバイクを最高値で売ることができるのです。

迷ったら一度、買取業者に査定をしてもらいましょう!

とにかく初めてバイクを売るのであれば、バイクのプロであるバイク買取業者に相談することをおすすめします。

「どのくらいの買取額が適正なのか」、「売却に必要な手続きは何か」といったノウハウは、自分ですべて調べるのは難しいはずです。

バイク比較.comに参加しているバイク買取業者はすべて、無料出張査定を行っています。

自分だけの力に頼らず、バイク買取業者にお任せしてしまうほうが簡単でリスクも軽減することができます。

無料一括査定スタート
バイク比較