● 交差点を青信号で直進中に右折車がぶつかってきた。フロントカウル、フロントフェンダー、ステップボードがバキバキに割れ、フロントフォークも歪んでしまい大破した
● 信号機のある交差点でバイク直進の場合は右折車に過失があるので、事故相手への修理費用負担はなかった
● ちょっとやそっとの修理ではなおりそうもなく、走行不能・不動車となったホンダライブディオをどうしようか悩んでいる

上記のような理由で事故車、不動車となっているホンダライブディオでも、バイク買取業者からすれば大変価値があります。

バイク買取業者の多くは提携の整備工場を持っているケースが多いので、フロントカウルがバキバキに割れていようが、フロントフェンダーが半分ふっとんでいようが、フロントフォークがぐにゃりと歪んでいようが、そんなホンダライブディオでも部品交換をして再販することが出来るからです。

事故車・不動車をどうしようかとお悩みのバイクユーザーさんは特に必見ですよ。

バイクの破損状態にもよりますが、バイク買取業者に依頼すれば事故車や不動車でも値段がつくことがありますよ。

今回は交差点での右直事故をきっかけにフロント周りが大破してしまったホンダライブディオの例をご紹介いたしますね。

バイク買取業者に一括査定をする

最大6社にまとめて
査定依頼ができる

ライブディオの事故車バイクの買取査定

買取金額 12000円(仮)
メーカー ホンダ
車種名 ライブディオ
エンジン型式 AF34E
排気量 50㏄
年式 2001年
車体カラー ブラック
走行距離 13,000km
査定日時 2017年
事故の経緯 信号のある交差点に青信号で侵入したところ、安全確認をおこたった右折車とぶつかってしまった。 右折車の車体左側とライブディオのフロント部分左側が接触。 自分の体に怪我はなかったが、その衝撃でフロントカウル、フロントフェンダー、ステップボードがバキバキに大破。 フロントフォークは左右が歪んでしまった。 ぶつかってきた右折車の左側ドアもベッコリへこみが出ていて驚いた。
故障個所 フロントカウル破損 フロントフォーク変形 ステム破損 フェンダー破損 アクセルシャフト破損 メーターワイヤー破断 ブレーキドラム破損 アクセルワイヤー破断 メーター破損
愛車への思い入れと愛着通勤の足として10年以上毎日乗っていたお気に入りのライブディオだったのでとても悲しい。 ぶつかってきた右折車のドライバーもすぐにあやまってはくれたが、お気に入りの相棒を事故車にされた悔しい気持ちだけは正直に伝えた。 本当はこのライブディオを直してもう一度乗りたいなとも思うが、現行モデルのホンダディオが16万4000円で買えることや、事故による破損個所を全て修理したら9万円以上すると聞いたことで、どうしても踏みとどまってしまう。
査定士の評価 ホンダライブディオはすでに生産終了のモデルだか、その走行性能の良さや、パワフルな馬力などで、中古買取市場で高い水準をずっとキープしている人気車種。 今回は右直事故のため、フロント部分のみが接触し破損してしまっただけ、エンジンやフレームが無傷だったことが買取となったポイント。 ホンダではすでに生産終了となっているのでメーカー純正部品が欠品しているものもあり、他の原付スクーターよりは部品代が少々高めのライブディオ。 フロント周りをゴソっと交換しなければいけないのだが、中古車市場の人気が高く、流通価格も高め、再販も可能なので今回の査定額に決定した。
ユーザーコメント お気に入りのライブディオが、事故車になってしまったのに、値段が付いたなんて感激。 右直事故の過失は右折車にあるので、これから新しいバイクを弁償してもらえるのかを交渉してみようと思う。 今回もらえた買取額12000円で新しいヘルメットを買いに行く予定。 自分では事故車のライブディオをどうすれば良いか、廃車する方法すら、わからなかったと思う。 査定員の方も親切丁寧な対応だったし、ここの買取業者にして本当に良かったと思う。

ライブディオ(ホンダ)をバイクショップで修理した場合の金額

修理する場合の項目 修理代(概算)
フロントカウル交換 ¥5,000
フロントフォーク・ステム・シャフト交換 ¥30,000
フェンダー交換 ¥8,000
ワイヤー・ブレーキドラム交換 ¥12,000
メーター・メーターワイヤー交換 ¥20,000
アクセルワイヤー交換 ¥8,000
ステップボード交換 ¥10,000
修理にかかる費用の合計 ¥93,000

今回のライブディオをバイクショップで修理する場合の概算はこんな感じです。

合計で90,000円を超える出費となります。

ちなみに現行モデルのホンダディオの新車価格は164,000円です

修理箇所が増えると費用も当然かさみますので、このきっかけでの買取査定は有り、でしょう。

ライブディオの事故車の買取査定のポイント・詳細

ホンダのライブディオは、いろいろなモデルが存在する人気原付ディオシリーズのなかでも特に人気が高い名車です。

希少になってきた2ストスクーターですがライブディオは当時の流通量が多かったので、ご指名で探すファンも多く、中古車市場で高い人気を持っています。

ライブディオは社外パーツ、アフターパーツも豊富なのでカスタムベースとして使用するケースも多く、ただでさえ中古車人気が高い原付スクーターの中でも大変需要があるので、万が一事故車や不動車だったとしても、買い叩かれる心配はありません。

無料一括査定スタート

ライブディオの事故車を修理・レストアすべきかどうかを判断する4つのポイント

フレームの歪み 両手を離した状態でまっすぐ走るか、走行に違和感がないか
エンジンの故障 セルでエンジンがかかるか、エンジンに異音はないか、エンジンがプスプスいって止まらないか
駆動系の故障 車体を押しまわしてリアタイヤ周りから異音はしないか ガタはないか
オイル漏れ オイルドレインなどからオイルが漏れてないか、燃料漏れや冷却水漏れはないか

これらの項目チェックしてみて大丈夫そうであれば、修理する価値がありそうです。(修理して通常に動くようになる可能性が高い)

しかし修理をするためには手間もお金も必要になります

あまり手間やお金をかけたくない場合は、バイク買取業者の無料出張査定をお勧めいたします。

無料一括査定スタート

ライブディオの事故車を売るにはどうすれば良い?

バイク買取業者の中にもライブディオの事故車に対応している会社が沢山ある

全国展開しているバイク買取業者 バイク王
バイクランド
バイク査定ドットコム
バイクボーイ
地域密着のバイク買取業者 バイクエース
GOOD BIKE
小笠原オートショップ など

実はバイク買取業者の中にも事故車や不動車の買取に対応可能な会社が沢山存在しています。

調べてもなかなか出てきませんが、現状が不動車や事故車だとしても、修理前提で再販するための技術やルートをしっかり持っている優良業者は世の中に存在しているのです。

ライブディオの事故車の買取額に「会社の規模感」は全く関係ない

全国展開で買取を展開している大きな買取屋と、地域限定、地域密着で買取をしている買取屋に、買取額の優劣はほとんどありません。

なぜなら、その時点で、あなたのバイクを最も欲しいと思ってくれた業者が最高買取額を提示してくれるからです。

今回のライブディオの事故車のように、修理前提とはいえ「この車種は中古市場で根強い人気があるから是が非でも買取したい!」といった買取屋にめぐり合うことができたら、会社の規模は関係なく高額買取してくれます。

そのような買取屋にめぐり合うためにも、できるだけ多くの買取屋に査定を依頼しましょう。

それぞれのバイク買取業者に査定額を提示してもらい、その中から一番高い査定額を出してくれた買取業者と交渉をしましょう。

バイク比較ドットコムは全国80社以上のバイク買取業者と提携

バイク比較.comでは、全国80社以上の優良バイク買取業者と提携していて、事故車や不動車に対応している買取業者なども様々です。

あなたの今まで出会うことのなかった優良買取業者と出会うことにより、高額買取の可能性が高まります。

特に再販に修理が絶対に必要となる事故車や不動車は専門の買取業者に引き取ってもらうことをおすすめします。

バイク比較ドットコムでは、気に入った場合のみ売却すればOK

バイク比較.comでは、最大6社に一括で査定依頼を送ることができるので、お金も手間もかけずにバイクを最高額で売ることができます。

また、金額が折り合わない場合、売却をしなくても問題ありません。

無料一括査定スタート