バイクの醍醐味といえばカスタムだと考えている人も少なくないでしょう。

さらに近頃では、ネットオークションの普及により自分の好みのバイクパーツや用品が手に入るようになったため、よりカスタム好きなユーザーからするとありがたい世の中になったのではないでしょうか?

一方で、バイクをカスタムをするということは、マフラーやシートなどの不要パーツがどうしても出てきてしまいます。

そのようにして出てしまったバイクのパーツは、処分してしまうべきなのか、それとも買取してもらうべきなのか、あまり知られていないはずです。

実際にパーツを手放したいと思ったときはどうするべきか、以下で紹介していきます。

不要なバイクパーツを賢く手放す方法

● バイク会社(販売店もしくは買取店)に買取してもらう
● バイク会社(用品専門店)に買取してもらう
● 自分で処分する
● 個人売買(ネットオークションなど)をする

バイクパーツを「バイク会社(販売店もしくは買取店)」に買取してもらう

「バイクのパーツも取扱中」という大々的な宣伝をしていないバイク会社でも、意外とパーツや用品を持って行けば買取してくれるケースもあります。

バイク会社は、買取したパーツや用品については、「自社でそのまま販売する」もしくは「独自の流通経路で売却する」のどちらかがほとんどです。

しかし、どちらかというとパーツもしくは用品のみの買取をメインで行っている会社よりも、車体の買取をするときに一緒に買取してしまうような会社が多いです。

そのため、もし近くのバイク会社にパーツや用品の買取だけをお願いしにバイク会社を訪れる際には、事前に電話で買取が可能なのかを確認してから行くことをおすすめします。

バイクパーツを「バイク会社(パーツ・用品専門店)」に買取してもらう

マフラーやシートといったバイクパーツ、ヘルメットやジャケットといったバイク用品の買取に関しては、専門店に買取してもらうのが一番安心かつ安全と言えるでしょう。

特に、バイクの用品(ヘルメットやウェアなど)は、通常のバイク会社であれば買取してもらえないケースも多々あります。

バイクパーツを「自分で処分」する

バイクパーツを処分する場合、実は色々と手続きが面倒なのです。

そもそも、バイクを粗大ごみとして出すことはできず、廃品回収の業者を呼ぶなりしないといけないため、費用だけでなく手間も多くかかります。

しかし処分が面倒だからといってバイクを放置していると、不法投棄と勘違いされて問題になってしまうこともあるので注意が必要です。

自力でバイクパーツや用品を処分する場合は、定められたルールをしっかりと理解した上で行うようにしてください。

バイクパーツを「個人売買(ネットオークションなど)」で売る

上でご紹介してきた方法よりもだいぶ難易度は上がりますが、自分のバイクパーツもしくは用品を個人売買する(ネットオークションに出品する)という手もあります。

最近ではバイクの車体やパーツや用品を出品しているユーザーも増えてきており、特に自分でバイクを整備できるようなバイクユーザーはこのようなネットオークションサイトを利用しているようです。

ネットオークションサイトの有名どころだと、ヤフオクやメルカリあたりでしょう。

登録さえしておけば、簡単に自分の希望価格でパーツを売ることができます。

無料一括査定スタート

カスタムバイクをできるだけ高く買取してもらう方法

カスタムバイクが得意な会社に買取してもらう]

● カスタムバイクをメインで取り扱っているバイク販売店
● パーツ単位で販売や買取を行っているバイク買取業者

カスタムバイクが得意な会社は上記のような特徴があります。

詳しくは、カスタムバイクをできるだけ高く買取してもらう方法をご覧ください。

純正のノーマルパーツを一緒に買取してもらう

バイクをカスタムしている人の中で「最新のパーツ以外はすべて売却してしまう」という人もいますが、実はノーマルパーツだけは残しておいたほうが無難です。

カスタムバイクを買取してもらうときにノーマル(純正)パーツがあるかないかで査定額に影響が出てきてしまいます

理由は非常に簡単で「カスタムバイクは評価する会社によって買取額に大きな差がつくから」です。

そのため、ノーマル(純正)パーツさえあれば、仮にカスタムしてあるバイクの評価が低かったとしても、もとに戻せる状態ではあるために最低限の相場の値段くらいは提示してもらえます。

一方で、ノーマル(純正)パーツを処分してしまうと、カスタムバイクの評価が低かった時点で残念ながらそれ以上の金額での買取は難しくなってしまいます。

カスタムは流行に左右されやすく、当時高かったパーツも大きく価値が下がってしまうものです。

そのため、カスタムバイクをできるだけ高く売却したいという人は、保険としてノーマル(純正)パーツも合わせて持っておくことをおすすめします。

無料一括査定スタート

【バイクパーツ・用品別】できるだけ高く買取してもらう方法

区分 項目 おすすめの買取方法 売却額の相場
バイクパーツ マフラー 買取業者にバイクと一緒に引き取りしてもらう ~40,000円
バイク用品 ヘルメット 買取業者にバイクと一緒に引き取りしてもらう 4,000円前後
グローブ ~2,000円
ウェア 自分で「個人売買」で売却する 8,000円前後
ブーツ 4,500円前後

バイクのパーツや用品を個別で高く売ろうと考えたとき、どこの会社に売却するのが良いのか、はたまた個人売買のほうがいいのか、色々悩むでしょう。

実際のところ、何を売るかによってもおすすめの売却先は変わってきます。

バイクに乗るとき以外でも使えそうなものは「個人売買」での売却が主流

上の表を見ていただくと分かると思いますが、マフラーやヘルメットやグローブといった「バイクユーザーにしか必要のないもの」はバイク買取業者への売却が主流のようです。

おそらく、バイク買取業者以外のに売却先が見つからず「バイクの車体と一緒に売却してしまった」という人が多いのでしょう。

一方で、ウェアやブーツは「バイクユーザー以外」でも欲しい人がいたり、もしくはバイクに乗っていないときでも使用できます。

日常生活でも使えるようなものは、ヤフオクやメルカリで欲しがっている人が少なからず存在するため、思っていたよりも高額で売却できることがあるようです。

しかし、個人売買の場合は「必ず売却できる」という保証はないため、色々試してみたけど手間だけかかって売却できなかったというケースも少なくありません。

バイクパーツの買取も対応しているバイク買取業者

バイクパーツの買取に関していえば、色々と選択肢が多いため正直どの手段を選べばいいのか分かりにくいでしょう。

また、パーツに関しては「高価買取」といっても、車体の買取に比べればたかが知れています。

バイクをまるまる1台で売ることができる状態なのであれば、パーツごとに買取してもらうのはやめておいたほうが無難です

バイクを高く売るのであれば一括査定がおすすめです。

バイク比較.comであれば、無料で最大6社に査定依頼を送ることができます。

複数社に査定をしてもらうことで、各社の買取査定額を比較することができ、その中から最も高い買取査定額を提示してきた会社を選ぶことで、あなたのバイクを最高額で買取してもらえるのです。

また、実は、バイク会社によってはパーツの価値が良く分かっている会社とそうでもない会社が存在します。

パーツにこだわっているカスタムバイクを買取してもらうときも、カスタムバイクが得意な会社とそうでもない会社によっては、査定額が大きく変動します。

カスタムバイクの得意な会社に出会うためにも、一括査定は必須なのです。

また、バイク比較.comでは全国のバイク買取業者と提携しています。

東京や大阪のような首都圏だけでなく、地方で地域密着型でバイク買取をしてる業者も参加しています。

インターネットさえあれば無料であなたのバイクを最高額で買取してもらえるのでぜひ利用してみてください。

無料一括査定スタート