バイクの買取を成功させるために一番重要なことは「自分のバイクが得意な買取業者を見つける」ということです。

自分のバイクが得意な会社を見つける上で、バイクの「メーカー」が重要なポイントとなります。

スズキのバイクを買取してもらう場合、やはりホンダのバイクが得意な買取業者に査定してもらうことで高額査定の可能性が高まります。

スズキのバイクを高く買取してもらう方法についてまとめてみたので参考にしてみてください。

スズキのバイク買取台数ランキング

【大型(401cc以上)】スズキのバイクの成約台数ランキング

順位 バイク名 排気量
1位GSX1300R ハヤブサ751cc以上
2位GSX-R1000751cc以上
3位GSX-R750401cc〜750cc以下
4位GSX1400751cc以上
5位バンディット1250F ABS751cc以上
5位ハヤブサ1300751cc以上
7位V-ストローム650 ABS401cc〜750cc以下
8位GSX-R1100751cc以上
9位バンディット1200S751cc以上
10位スカイウェイブ650LX401cc〜750cc以下
10位GSX750S カタナ401cc〜750cc以下
12位GSX-R600401cc〜750cc以下
13位バンディット1250S ABS751cc以上
15位GSX1100S カタナ751cc以上
15位スカイウェイブ 650401cc〜750cc以下
17位GSX1000S カタナ751cc以上
18位GS1200SS751cc以上
19位イナズマ1200751cc以上
21位GSF1200751cc以上
21位GT750401cc〜750cc以下
21位グラディウス401cc〜750cc以下
24位GSX1400 スペシャルエディション751cc以上
25位SV1000S751cc以上
25位V-ストローム1000751cc以上
25位ブルバードM109R751cc以上
28位GSF750401cc〜750cc以下
28位イントルーダー1400751cc以上
28位バンディット1200751cc以上
28位GSR600401cc〜750cc以下
28位GSX-R750R401cc〜750cc以下
33位TL1000R751cc以上
33位GSX-S1000751cc以上
33位GSF1200S751cc以上
33位RG500ガンマ401cc〜750cc以下
37位イントルーダーLC751cc以上
38位TL1000S751cc以上
38位B-KING751cc以上
38位バンディット1250S751cc以上
38位GSX-R1100R751cc以上
38位SV650S401cc〜750cc以下
44位SV1000751cc以上
44位ブルバード M109R2751cc以上
44位イントルーダー750401cc〜750cc以下
44位サベージ650401cc〜750cc以下
44位バンディット1250 ABS751cc以上
44位V-ストロームDL1000751cc以上
44位V-ストロームDL650401cc〜750cc以下
44位SV650S ABS401cc〜750cc以下
44位GSX1100F751cc以上

【GSX1300R ハヤブサ】公道バイクとしての究極を目指したハヤブサ

GSX1300R ハヤブサ

一目で「隼」とわかるスタイリングは、日本電動の鎧兜を思わせる流線型の基調として機能に裏付けされたデザインで、独特なフォルムはエアロダイナミックフォルムマシン一体のワンピースをコンセプトによって通常のライディングポジションから状態を伏せた姿勢で高い整流効果を生みます。

スズキのバイクの中でも有名バイクで、スピードを出すことのできるバイクとして非常に人気です。

GSX1300R ハヤブサの買取のポイントは、過激に乗られる車両が多いので大人しく乗られた車両や、転倒歴無しなど車両が綺麗な状態だと高額買取になるケースが多いです。

【GSX-R1000】「走る」「曲がる」「止まる」の最高のパフォーマンス

GSX-R1000

GSX-Rは、世界中のプロダクションレースで数々の勝利を獲得してきました。

この開発経験をベースに、さらに最新テクノロジーの融合を果たした最新の「GSX-R」が、さらに2017年にフルモデルチェンジしたスーパースポーツバイクが「GSX-R1000」です。

シンプルな「3つのワード」を基本性能として作られており、シリーズ史上最も「パワフル」で、「加速」に優れており、最も「クリーン」に走るバイクを目指して作られました。

GSX-R1000の買取のポイントは、「隼」と同様で過激に乗られてしまうケースが多いため、大人しく乗られた車両や、転落歴の無い車両など、綺麗な状態であればあるほど高額買取になりやすいです。 また、年式によってはリコールが出ている場合もあるので、対策済かどうか確認したほうが良いでしょう。

【GSX1400】国産ネイキッド最大排気量モンスターネイキッド

GSX1400

「GSX1400」の場合、他のどのバイクと比べても「大きなエンジン」と「パワー」が圧倒的な魅力です。

ライダーなら1度はモンスタークラスのバイクを乗りたいと思う、油冷1401ccと最大の排気量を誇るエンジンを兼ね備えています。

5000回転で最大トルクを発揮するエンジンは圧倒的で、油冷独特の力強いフィーリングも大きな魅力です。

メーターは180km/hではなく、240km/hのフルスケール使用です。

GSX1400の買取のポイントは、「年式」による買取額の違いや「限定車かどうか」などが挙げられます。 やはりモンスター級のバイクなので、転落歴無しやワンオーナーの場合は高額買取が期待できます。 エンジンが大きいため、他のバイクに比べ、1回でも転落でもするとダメージが大きいです。
無料一括査定スタート

【中型(126cc~400cc)】スズキのバイクの成約台数ランキング

順位 バイク名 排気量
1位スカイウェイブ250 タイプS126cc〜250cc以下
2位GSR250126cc〜250cc以下
3位イントルーダークラシック 400251cc〜400cc以下
4位スカイウェイブ250 タイプM126cc〜250cc以下
5位スカイウェイブ250126cc〜250cc以下
6位グラストラッカー126cc〜250cc以下
7位グラストラッカー ビッグボーイ126cc〜250cc以下
8位スカイウェイブ250SS126cc〜250cc以下
8位GSX400 インパルス251cc〜400cc以下
10位バンバン200126cc〜250cc以下
11位イナズマ400251cc〜400cc以下
12位ST250Eタイプ126cc〜250cc以下
13位イントルーダークラシック 400 キャストホイール仕様251cc〜400cc以下
14位バンディット250126cc〜250cc以下
15位グラディウス400251cc〜400cc以下
16位ST250126cc〜250cc以下
17位GSX250S カタナ126cc〜250cc以下
17位ブルバード400251cc〜400cc以下
19位GSR400251cc〜400cc以下
20位DR-Z400SM251cc〜400cc以下
21位GSX400S カタナ251cc〜400cc以下
22位スカイウェイブ250 タイプS ベーシック126cc〜250cc以下
23位GSR400 ABS251cc〜400cc以下
24位ボルティー126cc〜250cc以下
24位ジェンマ250126cc〜250cc以下
24位ジェベル200126cc〜250cc以下
27位バンディット250V126cc〜250cc以下
28位スカイウェイブ400 タイプS251cc〜400cc以下
29位スカイウェイブ250 リミテッド126cc〜250cc以下
30位RGV250ガンマ126cc〜250cc以下
31位ヴェクスター150126cc〜250cc以下
31位ジェベル250XC126cc〜250cc以下
33位スカイウェイブ 400251cc〜400cc以下
34位GSX インパルスS251cc〜400cc以下
34位GSX250FX126cc〜250cc以下
36位GS400251cc〜400cc以下
37位250SB126cc〜250cc以下
38位イントルーダーLC250126cc〜250cc以下
38位GT380251cc〜400cc以下
40位バーグマン200126cc〜250cc以下
40位べクスター150126cc〜250cc以下
42位GSX250E126cc〜250cc以下
42位SV400S251cc〜400cc以下
44位インパルス400251cc〜400cc以下
44位バンディット400V251cc〜400cc以下
44位DF200E126cc〜250cc以下
47位イントルーダー250126cc〜250cc以下
47位RG250ガンマ126cc〜250cc以下
47位スカイウェイブ 400 Limited251cc〜400cc以下
47位SW-1126cc〜250cc以下

【イントルーダークラシック400】伝統のスタイルに支えられた独自性

イントルーダークラシック400

バイク乗りの間では「インクラ」と呼ぶ動きがあり、キャストホイール使用はインクラキャストと呼ばれていました。

アメリカンタイプのバイクの中でも最も大きいモデルで、車両重量も重く排気量も400ccと大きいバイクなので、非常に重圧感があるバイクなのです。

走行中も安定感があり疲れにくいため、ツーリングにはもってこいのバイクです。

イントルーダークラシック400の買取のポイントは、年式によって大きく変動があるため、低年式であればあるほど高額買取の可能性が高まります。 また、室内で状態良く管理されていれば、さらに高額買取につながります。 車両が大きいため、立ちゴケの傷がどうしても多くなる傾向にあり、軽度な傷で修復が必要となります。 買取額はどうしても車両の傷によって下がってしまうので、できるだけ綺麗な状態で保管しておくのがベストです。

【DR-Z400SM】DR-Z400Sがベースのスーパーモタードマシン

DR-Z400SM

足回りはオンロード走行を前提にして、RM譲りの倒立フロントフォークなどの装備で構成されています。

ブレーキもディスクで「制動力」と「タッチ」の両方で優れたバイクです。

サスペンションは専門化され、とくにフロントはベース車の正立式に対して最新モトクロッサーRMシリーズと同タイプの高性能な倒立式です。

伸圧減衰力の調整が可能で、これらの装備によってオンロードにおけるコーナリング性能が高められています。

DR-Z400SMの買取のポイントは、綺麗に乗られていて純正状態であることです。 ジムカーナなどのモータースポーツを楽しめる車両のため、転倒歴無しの車両は、高評価となりやすく高額買取が期待できます。

【イナズマ400】バンディットシリーズの後継機種として位置づけたイナズマ

イナズマ400

飽きの来ない「オーソドックスなスタイル」と兄貴分のイナズマ1200と同じ「フレーム」を使用しているため、大柄な車格でクラス唯一の油冷4気筒エンジンのパワフルな走りができるバイクとして、未だに根強い人気を保っています。

ワイドサイズのリアタイアを採用することにより、大型バイクのような乗り心地を楽しめるのがおすすめのポイントです。

イナズマ400の買取のポイントは、年式によって買取額が変動しやすいことです。 特に、排ガス規制の影響で買取額が大きく変動するため、排ガス規制後の年式であれば高額買取が期待できます。
無料一括査定スタート

【小型(125cc以下)】スズキのバイクの成約台数ランキング

順位 バイク名 排気量
1位レッツ450cc以下
2位アドレスV125G51cc〜125cc以下
3位アドレスV5050cc以下
4位アドレスV12551cc〜125cc以下
5位レッツ250cc以下
6位アドレスV125S51cc〜125cc以下
7位アドレスV10051cc〜125cc以下
8位アドレス11051cc〜125cc以下
9位レッツ4パレット50cc以下
10位ZZ50cc以下
11位レッツ50cc以下
12位GN12551cc〜125cc以下
13位チョイノリ50cc以下
14位レッツ4G50cc以下
15位レッツ550cc以下
16位ヴェルデ50cc以下
17位アドレスV125G リミテッド51cc〜125cc以下
18位レッツ4バスケット50cc以下
18位アドレスV50G50cc以下
20位レッツ5G50cc以下
21位GS5050cc以下
22位アドレス5050cc以下
23位GZ125HS51cc〜125cc以下
24位2サイクルバーディー5050cc以下
25位レッツ2G50cc以下
25位4サイクルバーディー5050cc以下
27位ニューレッツII50cc以下
27位ストリートマジック5050cc以下
29位EN12551cc〜125cc以下
29位ヴェクスター12551cc〜125cc以下
31位ニューレッツ50cc以下
31位セピア50cc以下
34位セピアZZ50cc以下
35位TS125R51cc〜125cc以下
35位GAG50cc以下
35位GN125E51cc〜125cc以下
35位K5050cc以下
35位ストリートマジックII TR-50SD50cc以下
35位チョイノリSS50cc以下
41位ジェベル12551cc〜125cc以下
41位エポ50cc以下
44位モレ50cc以下
44位レッツ2STD50cc以下
44位レッツ2S50cc以下
48位AC5050cc以下
48位RG125ガンマ51cc〜125cc以下
48位レッツ2L50cc以下
48位バーディー5050cc以下

【アドレスV125G】クラス最軽量のスマートボディ

アドレスV125G

街乗りではスムーズに加速し、コンパクトでセンタースタンド掛けも軽く、駐車場での取り回しも軽量なので誰でも楽に動かすことができます。

アドレスV125Gは、フューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)を採用している低燃料費の4サイクルエンジンと軽量コンパクトなボディが特徴です。

アドレス125Gの買取のポイントは、「年式」と「走行距離」によって買取額が変動します。 アドレス125はシリーズとして販売されているので、シリーズによっても買取額が異なります。 「アドレス125Gリミテッド」と非常に似ているものの買取額は異なるため、売却のときには間違えないように気を付けましょう。

【レッツ4】スニーカーライフなスクーター

レッツ4

スッと乗れて、キュン、とくるクラストップレベルの「軽量」と「コンパクトボディ」、また「取り回し」もラクラクで装備重量も68㎏と手軽なところが「レッツ4」の特徴です。

レッツ4は当時の小型スクーターエンジンの標準的機講であり、スクーターエンジンの標準機構の先駆けといえるスクーターでした。

レッツ4の買取のポイントは、「年式」や「走行距離」によって買取額が変動するところです。 また、レッツシリーズとして販売されているため、シリーズによっても買取額が変動します。 シリーズの中の「レッツ4パレット」は女性層から人気高く、買取額も高くなる傾向にあります。

【GN125】現在は中国のメーカーから並行輸入してるバイク

GN125

125ccで4ストローク単気筒エンジン、またグラストラッカーなどのバイクと共通パーツがあるので、改造もしやすい単気筒エンジンの人気バイクです。

販売当時から変わらないレトロな雰囲気を持ちながらも、国産のバイクで共通部品も多く流通されているのでメンテナンスやカスタムがしやすいのが特徴です。

ただし、偽物が出回っているケースもあるようなので、注意が必要です。

GN125の買取のポイントとして、GN125は基本的にリーズナブルな価格なので買取も全体的に低めですが、その中でも「傷」や「錆」がない状態であれば当然買取額も高まります。 GN125はロングセラーモデルなので、シリーズ化されているのでシリーズ内のどのモデルかによっても買取額は変動します。
無料一括査定スタート

スズキのバイクの買取における満足度ランキング

全国対応のバイク買取業者の評判・口コミ

【ユーザー満足度 第1位】「バイクボーイ」の評判・口コミ

投稿日 2016年3月20日
依頼した買取業者 バイクボーイ(株式会社ナガツマ)
地域 東京都(練馬区)
バイク名 スズキ スカイウェイブ 400 Limited
評判・口コミ 電話での応答もしっかりしていて、丁寧にフローを説明していただけてとても良い印象をうけました。見積もりに関して詳しい解説もしてくれたので嬉しかったです。売却の際の注意事項もしてくれたので、今まで抱いていいた買取業者のイメージとは異なり本当にしっかりしている会社だと感じました。 次に購入するバイクで悩んでいたので、それについてもアドバイスをくれたので今度バイクボーイの店舗にも見に行ってみようかなと想います。 レッドバロンとどちらにするか最後まで迷いましたが、最後は人の良さで決めた感じです。

【ユーザー満足度 第2位】「バイク王」の評判・クチコミ

投稿日 2015年12月20日
依頼した買取業者 バイク王(株式会社バイク王&カンパニー)
地域 茨城県(つくば市)
バイク名 スズキ GSX1300R ハヤブサ
評判・口コミ 最初は何社か(バイク王、レッドバロン、バイクワン)に査定してもらうつもりでしたが、バイク王の査定士の人柄が良かったこともあり、結局他の会社は査定すらしない状態でバイク王への売却を決めてしまいました。 査定士の人が、希望の売却金額に近すくようにオペレーターと交渉してくれて、結局は希望金額まではいかなかったものの納得して売却することが出来ました。 他社(レッドバロンやバイクワン)と比較することなく、決断しても良いと思えるほど、色々と考慮してくれたのが決め手です。

【ユーザー満足度 第3位】「バイクランド」の評判・口コミ

投稿日 2016年10月19日
依頼した買取業者 バイクランド(株式会社アークコア)
地域 石川県(加賀市)
バイク名 スズキ ボルティータイプ1
評判・口コミ はじめてのバイク売却や査定で、不慣れな私を察していただき「査定」や「買取」のことだけでなく「バイク歴」や「今後乗りたいバイク」の話題などで世間話をしていただいて、不安だった私を明るい会話で盛り上げてくれました。 それらもあり、金額というよりは安心して納得して売却できる会社を選んだ結果、バイクランドさんになりました。

【ユーザー満足度 第4位】「バイク査定ドットコム」の評判・口コミ

投稿日 2015年1月21日
依頼した買取業者 バイク査定ドットコム(株式会社ワースワイル)
地域 群馬県(前橋市)
バイク名 スズキ GSX1300R ハヤブサ
評判・口コミ 悪天候で雪混じりの雨の中、遅い時間にも関わらず来てくださったことに大変好感が持てました。 もともとネットの見積もり額自体はそこまで高くはなく、傷があるので見積もり金額から大幅に値引きされると考えていました。 しかし、実際に査定額が見積もりの金額からはあまり値引きされなかったので、妥当な金額だと判断しました。 買取業者の担当者の方も、すごく紳士的な対応をしてくれたので、とても気持ちよくバイクを売却することができました。

高額買取を目指すなら一括査定

スズキのバイクを出来るだけ高く買取してもらうためには「スズキのバイクの買取が得意」な買取業者に依頼して査定をすることがポイントとなります。

しかし、スズキワールドのように「スズキ」を掲げている会社ではない限り、スズキのバイクが得意かどうかの判断は非常に難しいでしょう。

どこのバイク買取業者がスズキのバイクの買取が得意なのかがわからない場合、バイク比較ドットコムのような無料一括査定を利用するといいでしょう。

各社の買取査定額を比較したうえで、もっとも高い金額を提示していくれた会社がすなわち「スズキのバイクが得意な会社」と客観的に判断して高額買取を目指すことができます。

スズキのバイクが得意な会社を賢く見つけることが、あなたの愛車をできるだけ高く売却できるでしょう。

無料一括査定スタート

状態別に見るスズキのバイクの平均買取額

【走行距離別】スズキのバイクの平均買取額

【走行距離別】スズキのバイクの平均買取額

スズキのバイク3,000km未満のバイクであれば高額買取の対象に

走行距離で排気量にかかわらず、走行距離が長くなるほど買取額は低くなる傾向にあります。

理由は、走行距離が長いバイクほどメンテナンスが必要となるケースが多いからです。

一般的にバイクを売却する場合、新車であれば走行距離3,000㎞未満だと高額買取をしてもらえる可能性が非常に高いです。

理由は先程と同様で、走行距離が短いほど次にバイクを乗る人のメンテナンスの負担が小さくなるからです。

走行距離が100,000kmを超えてしまうと、エンジン内で消耗してしまう部品が出てくるため、オーバーホールしてエンジン内の部品交換が必要となります。

走行距離100,000㎞以上の場合、買取金額が極端に下がる可能性があるため気をつけましょう。

一般的には、およそ3,000㎞ごとにバイクの買取額が下がる傾向にあるため、高額買取を目指すのであれば走行距離3,000kmと覚えておきましょう。

【車体色別】スズキのバイクの平均買取額(251cc以上のみ)

【車体色別】スズキのバイクの平均買取額(251cc以上のみ)

スズキのカラーは「青×白」がバイクは高額買取されやすい

スズキのレーシングバイクは、「青」や「赤」など2種類のときがあったり、歴代のレーシングバイクは多種のカラーを確認できます。

しかし、スズキのほとんどのバイクは、「青×白」がメインカラーとして取り扱われています

他メーカーのように、蛍光色の「黄色」を採用してるバイクが作られている一方で、スズキの場合はこれと言った特徴的なカラーは存在しません。

強いて言うのであれば、スズキは今のレーシングバイクで「青」を強調しています。

また、スズキのホームページを見ても「白」と「青」で作成してあります。

スズキのバイクは「青」の入ったバイクが多く扱われているため、他の色に比べると「青」のバイクのほうが買取額も高くなる傾向にあります。

また、どこのメーカーも共通して「黒」のバイクは無難な色として人気が高いので、買取額が高くなるケースが多いです。

【年式別】スズキのバイクの平均買取額

【年式別】スズキのバイクの平均買取額(原付を除く)

年式が下がるまえに、高年式のうちに売却するのがおすすめ

スズキのバイクは、モデルチェンジを数年に一回の頻度で行っています。

そのため、モデルチェンジ前後では売却金額が数万円単位で変動することも珍しくありません。

例えば「GSX1300R ハヤブサ」であれば、1999年に発売し、モデルチェンジを2008年に行いました。

どうしても、スズキのバイクの買取額は、フルモデルチェンジやモデルチェンジをした影響で大きく変動するため、注意が必要になります。

また、1998年に排気ガス規制法が始まり、この影響で生産終了となったバイクも発生したため、この年代も買取相場の分岐点となる傾向にあります。

今ではあまり見かけなくなってきたビックスクーターであっても、まだまだ年式が新しければ高額で買取されています。

無料一括査定スタート